2010年05月17日

3日目 べるさんつかまされる

0509a.jpg

Hamburgに流れるエルベ川を上から撮ってみました


3日目については、正直言うと書きたい気持ちがないんだけど、
でも、せっかくなので書きます
(今回は画像少ないです)


今日はHamburgへ行って、St.Pauliの試合を見る予定
ただし、チケット無し。
おそらく直前だとチケット欲しい人が多いと思うので、
多少高くても早めに行ってみることにしました。


Bremen Hbf(08:17)→Hamburg Hbf(09:04)
適当に潰して、St.Pauliへ
ダフ屋が早くも1人でチケットあり。
とりあえず交渉して買う。

一回駅へ戻って時間を潰して、再度St.Pauliへ
30分前にスタジアムへ入ろうとしたが入り口がわからない。

見つかったので入ろうとしたら・・・
Away側だった・・・
そして「そのグッズは外せ」と言われる
(Home側のグッズ身に着けてました)

今回は手ぶらで来ていたので、このままじゃ入れない。
Hbfまで戻る必要がある(近くにコインロッカーなんてありません。Hbfのロッカーには荷物預けてた)

駅へ戻るものの「Awayに行って盛り上がれるだろうか」
「なんかもう嫌な気分になったし、ホテル行こう」
せっかく買ったチケットなのに、金をドブに捨てる感じでホテルへ行く。

これは明らかに最後まで確認しなかった自分のミス
だから、誰にも文句は言えない
値段があっさり下がったから怪しいと思わなければいけなかったしね
幾らで買ったかはちと言いたくない
でもね、St.Pauliのサポーターはいかつい人が多いけど、いい人も多かった
グッズ身に着けてたら「おお、St.Pauliかー」みたいに声掛けられたし、
背の高いちょっと危険そうな兄ちゃんからも「日本から来たの?ようこそ」って言ってくれたしね
しばらくトラウマになりそうだけど、いつか試合を見てみたい

※元々この試合は日本で手配したんだけど、
 Bremenのホテルへ送るように頼んで、でも届いてなかったんです
 日本帰ってきてメールチェックしたら、現地受け取りだったみたい
 PCを持っていかなかったのと、現地でネットチェックしなかったさらなる自分のミス・・・


ホテルを探すが見つからない。
Hbfから歩いて5分もかからないところなのに見つからない。
良く見たら、Hbfの北東にあるのを北西に進んでたw


ホテルの前に行くも扉が閉まってる
客らしい人が中に入っていく
格好が・・・
HGの格好した小太りのおっさん・・・

ここ、大丈夫なんだろうか・・・


インターホンならすと、怪しいじいさんが出てくる
鍵をくれて、どうやらホテルの入口と部屋の鍵兼用の鍵らしくて
「入る時はこれ使え」ってことらしい
で、ホテルの入り口には色々パンフレットがありますが
ツアーパンフレットの他に
ゲイの人向けのパンフレットが置いてある・・・

ここ、本当に大丈夫・・・?

廊下は暗いし、怪しい雰囲気がいっぱい


でも部屋は・・・
0509b.jpg
こんな感じで1人なのに、なぜか二人分のベッド・・・
左下にバッグありますが、さらにその隠れている所にもう1人分ベッドがある

ちなみにトイレは別
シャワーは部屋の中にあって
一泊30euro
駅から歩いて5分も無いところで、これは安い!

ベッドでぼけーっと過ごすがこれじゃいけない
とりあえず観光に行ってみる
この2日間は開港祭なのだ


0509c.jpg
まずこの教会
ここはエレベーターで上に昇れる

0509a.jpg
で、こんな感じでHamburgを一望できる
ここに日本人親子1組


0509d.jpg
反対側には、倉庫街がある
ということで、こっちまで足を運んでみることに

0509e.jpg
跳ね橋が上がって、船が通ったりする
でもここから跳ね橋が下りるまでに時間がかかるらしく、
迂回しなきゃいけなかったw


0509f.jpg
ここは倉庫街の辺り
橋を渡りながら、こういうのを見るのがなんか好き


適当にフラフラしながらHbfへ戻って
今日も駅の中で食べる
ドイツ来てから、まともなもの食べてないな・・・w


0509g.jpg
ホテルから見た外の風景
明るく見えますが、実は19:30過ぎてます
緯度が高いので、日が落ちるのが遅いです


posted by べる at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年5月ドイツ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。