2010年10月28日

1日目 前編 紳士が紳士の国へ行く

タイトルに偽りは全くありません。
事実ですから、しょうがない。


1019h.jpg
戦列艦 HMSヴィクトリー号
ネルソン提督の旗艦ですね。


午前中は仕事を真面目にこなして、午後に成田エクスプレスで成田へ。
今回はキャセイパシフィックで、香港経由ロンドン行きで行ってきました。

1019a.jpg
キャセイでは、成田→香港で1回 香港→ロンドン(ヒースロー)で2回機内食がでました。
これは、香港→ロンドンの機内食のペンネ。
ベジタリアン向けの機内食だったらしく普通は出してくれなさそうですが、
「くれ」って言ったら普通にでてきました。
香港→ロンドン間は、真ん中の4席を独占!!
4席きっちり真横になって熟睡できましたw

朝6:30ヒースロー空港へ
入国の人「何日いるの?」
私「1週間」
入国の人「ビジネス?バケーション?」
私「バケーション」

ヒースローの入国は時間かかると聞いてましたが、たったのこれだけで終わり。
「ヒトリ?」ええ、もちろん聞かれてませんよw

そんな感じで、さっさと入国そしてヒースローエクスプレスでパディントン駅へ
ヒースローエクスプレスに乗った時点で、早くも入国から1時間経過。

ロンドンには、パディントン、ユーストン、セントパンクラス、キングスクロス等、
主要な駅が幾つかあります。
今日は、その中の1つウォータールー駅へ直行して、そのまま南部の街ポーツマスへ。
ちなみに、ウォータールー駅に着いたのが8:26 ポーツマス行きが8:30だったのですが、
駅の電光掲示板を見ると、ポーツマス行きの電車のプラットホームが何番か書いてない・・・。
(行き先のプラットホームが表示されてから、みんな電車に乗り込むんです)
「どこで乗ればいいんだー」とあせりつつ、どうやら普通に遅延しているらしい。
さすが、イギリス。朝8:30の列車が早くも電車遅延w

結局15分くらい遅れて、ポーツマス行きの電車が確定。

今回の旅の目的は、試合観戦+試合ない日のスタジアム巡り

PortsmouthFCのスタジアムFratton Parkへまずは行く。
最寄り駅より徒歩10分ちょっと・・・。

1019b.jpg
こんな住宅街の中、写真手前の曲がり道を曲がると・・・。


1019c.jpg
こんな閑静な中を奥に進んで・・・。


1019d.jpg
Fratton Parkはこんなところにたたずんでます。

ちなみにこの数日後に


名門ポーツマス、ついに消滅か 管財人「絶望的な状況」
2010年10月23日(土) 18時18分 ISM

 現地時間22日(以下現地時間)、昨季までイングランド・プレミアリーグに所属し、FAカップ決勝まで進出したポーツマス(現2部)が、再びクラブ消滅の危機に陥っていることが分かった。同クラブの管財人は絶望的な状況と語りながらも、週明けまでに解決策を見付けたいとしている。ロイター通信が報じた。


こんなニュースがあったなんて、その時は知る由も無く・・・
(後日、回避された模様です)


閑静な住宅街の中、道を一本曲がるとスタジアムがある。
周りの家の人たちは、当然Portsmouthファンばっかり。
日本じゃ、騒音だなんだで絶対苦情来そう。
これが日本と世界のスタジアム事情の差なんだろか・・・
と初日にしてしみじみ・・・


1019e.jpg
スタジアム周囲を歩く。
ちょっと外れると駐車場と思われる空き地もある。


1019f.jpg
さすがに中は潜入できそうに無いw


スタジアムを見た後は、数少ないDOL目的の1つ、HMSヴィクトリー号へ・・・。

1019g.jpg
(サムネで大きくなります)

HMSヴィクトリー号については、ウィキペディアでも参照していただくとして・・・

1019h.jpg
これは反対側から見た図。

1019i.jpg
大砲をアップで・・・

外側から見るだけならタダです。
しかし、せっかくだから中に入ろうと思って、お金を払う。
その他のアトラクション含めたチケットで全部で19.5ポンドだったかな・・・

普通に中を見れると思ったら・・・
ガイドツアー付きでした・・・

海軍関連っぽいおじさんが一生懸命しゃべってくれるわけですが、
(この船はポーツマスヒストリックドックヤードという施設の中にあるんですが、施設自体は英国海軍の軍港の中にあります)
「何言ってるのかわからない・・・」
(これ以後、ガイドツアー付きは止めようと心に誓いましたw)
他の方のblogだと写真が載ってたりするのですが、私が行ったときは「no photo」のマークがあり、撮影一切できず。

大砲の横に、船員が食事する場所があったり。
(1つの大砲の横に8人ぐらいの食事テーブルがあった気がした)
今でもこの船には艦長がいて歴任してたり。
甲板に上って、下からマストを見上げてみたり。
船の錨を触ってみたり。
うんうん、「DOLだと増量して150人だけど、どう見ても150人だと船すら動かないと思う」とか率直に思ってましたw
あと、室内の高さは意外と低くて、2mくらいってところでしょうか。
梁のあるところなんか、170cmの私ですら頭を低くしないと進めない感じでした。
絶対、戦闘中に頭ぶつける人が多かったんじゃないかなと・・・w


ツアー後は、少し寒かったので、ロンドンへ戻ることに。
途中のアトラクションをちょっとだけ除く。

1019j.jpg
当時の造船技術の光景とか、正直かなりしょぼかった・・・

1019k.jpg
これはHMSウォリアー号、これも中は見れたのですが、ロンドン戻りたかったので外側からだけ。
一応チケットは1年間有効みたいで、1回だけ中を見れるらしいですw
どんな船かは、やっぱりウィキペディア参照でw 


この後は、ロンドン戻って、初日の宿ユースホステルに荷物を預けて試合の観戦。
今日はArsenal戦です。


posted by べる at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年10月UK旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。