2010年11月01日

2日目 前編 ロンドンスタジアム巡り

1020t.jpg

今回見た数少ないDOL関連のものってことで、
ウエストミンスター寺院です。
DOLだとロンドン王宮側の教会にありますね。
外観はそっくりです。

朝7:00起床
ユースの同室の人たちは、まだみんな寝てる。
とりあえず起こさないように、静かに荷物を詰め込んで、部屋をでる。
今回は4日間ユースを使いましたが、毎朝こんな感じで結構気を使いましたw


ロンドンの朝は寒い。
コート着て、マフラーしている人多数。
中には・・・。
普通にパーカーを上に羽織ってるだけの人もいましたが・・
外国の人の体感温度は、一体どうなってるんでしょうね・・・w


荷物をユースに預けるのも不安だったので、
マンチェスターに向かう駅、ロンドンユーストン駅で荷物を預けてから、スタジアム巡り開始。


まずは、EL FinalでもみたFulhamのCraven Cottageへ
地下鉄ディストリクト線に乗って、Putney Bridge駅から徒歩20分弱かかります。

1020w.jpg
左下の駅がPutney Bridge駅

1020a.jpg
朝9:00過ぎのテームズ側沿いを歩く。
風は結構冷たい。でも、この辺りをジョギングしてる人は何人もいる。


1020b.jpg
こんなところで泳ぐ人はいないと思う・・・w
でも、あるってことは泳ぐ人いたんだろうね。


1020c.jpg
歩いていくと、テームズ側沿いに、Craven Cottageは立っています。
これは、このスタジアムの写真を撮るときには定番の位置取りから。
この建物の下部分に縦長の黒い扉みたいなのが幾つか並んでますが、
これが試合日にスタジアムへ入る為の入り口。
イングランドの入り口は全部こんな感じで、人が一人通るのがやっとの狭さです。
DOLのデブキャラなんか通れるのか疑問に思えてくる狭さです。
(リュック背負って通ろうとしてひっかかりましたし・・・)


1020d.jpg
これは別側から写真を撮ってみる。


1020e.jpg
中はもちろん入れそうに無い・・・。


1020f.jpg
スタジアムの外観。
これだけみると、とてもこの建物がスタジアムとは思えない。


1020g.jpg
併設のカフェがあったので、ここでカプチーノを一杯w


ショップを少し覗いてから、地下鉄でたった2駅しか離れていないStamford Bridgeへ
場所は、同じディストリクト線のFulham Broadway駅

1020w.jpg
これも左下のPutney Bridgeの2つ上


ルーノワにはChelsea好きのSuttonさんがいるので、ここには足を運んだこともあるのでしょうか。
Fulham Broadway駅から徒歩3分
地下鉄駅は他のロンドンの地下鉄駅とは少し違って豪華な感じ。


1020h.jpg
駅を出て左に曲がるともうスタジアムが見えてきます。
スタジアムが一周できそうな気配無く、ピッチも見えそうに無く、
外観をちょこっとだけ・・・。

1020i.jpg
スタッフ専用と思われる駐車場には、Chelseaでプレーしている(していた)選手の写真もある。
私にとって、Chelseaといえばジャンフランコ・ゾラが筆頭にあがるので、その写真を一枚。


1020j.jpg
Chelseaには、スタジアムに併設してホテルがあります。
これがその写真。
今回、土日と泊まってみようと思ったのですが、土曜日に試合があって値段高騰の為断念。。。
1泊2万超えたらさすがに・・・w
日曜は安かったみたいw


1020k.jpg
帰り際にもう一度メインの外観を撮ってスタジアムを離れる。


次は、せっかくなので、バスで行きます。
1020l.jpg
ロンドンには2階立てバスが走っていますが、2階の最前列から撮った一枚。
また、これがよく揺れるw
カーブ曲がる時に遠心力で椅子から落ちそうになりましたw
2Fから見る風景はいいですね。


このバス移動が失敗。
道が込んでて中々着かず・・ 20分程度の予想が50分くらいかかりましたw

1020m.jpg
次はチャンピオンシップ(プレミアの下のリーグ)QPRのLoftus Road
稲本がFulhamにいた頃、Craven Cottageが改修中の為に、一時期間借りしていたところです。
今年はシーズン開始から調子よくポイントを重ねている為、
来シーズンにはプレミアで見ることができるかもしれません。


1020n.jpg
2部とはいえ、スタジアムのガードは固く、柵越しに遠目からピッチを撮るのが精一杯w


1020o.jpg
裏側に回っても門は閉じられたまま
なので、簡単に1週して、スタジアムを後に。


1020p.jpg
来た方向とは別の方向から帰ってみる。
歩いている通りが、スタジアムの名前にもなっているLoftus Road
イングランドのスタジアムは、通りの名前をそのまま使っているところが多いです。


1020w.jpg
まだまだ時間はあるので、ちょっと寄り道。
Shepherd's Bush Market駅(左側、ピンクと黄色の線の駅)から、H&C線(ピンクの線)に乗って、
Baker Street駅へ。(右上の辺り)

1020q.jpg
マリ姐さんのとこにもあった、Baker Street駅の壁。


1020w.jpg
ここで地下鉄ジュビリー線(グレーの線)に乗り換えます。
そしてWestminsterへ(グレーの線の右下)

1020r.jpg
ジュビリー線のBaker Street駅にあるシャーロックホームズのイラスト。
これは、「赤毛組合」のイラストですね。

他にも幾つかあったのですが、地下鉄がすぐ来たのと、
このイラストがベンチの後ろにあって人が座っているので撮れず・・・w

この駅だけに限りませんが、ロンドン中心部の地下鉄駅は、
外観・内装意外と凝ったものが多かった気がします。
この後行った、ジュビリー線のWestminster駅もそんな感じ(写真撮ってないけどw)

ちなみにWestminster駅には日本の女子高生集団がいました。
しかもみんな制服で、日本にいるときとほぼ同じ格好w


地下鉄をでたところには・・・
1020s.jpg
国会議事堂のビッグベンがあります。


そこから歩いて3分くらいで
1020t.jpg
ウエストミンスター寺院があります。
思った感想は・・・「あ、DOLと一緒だ・・w」
中に入ると時間もかかることなので、入らずに駅へ向かう。


1020u.jpg
途中で、ロンドン名物の1つ、ロンドン・アイを1枚


この後は、マンチェスターへ移動。
行きの列車はほぼ満席状態&予約席一杯の為、なんとか1席見つけられました。



1020x.jpg
ロンドンでの移動は全てこのオイスターカードで済ませました。
Suicaみたいなやつで、お金をチャージしてタッチして終わり。
1日乗車券でも良かったのですが、毎朝買うの面倒だし、ロンドンだけいるわけじゃないし・・
地下鉄1回で4ポンドかかるので・・・w
これだと1日である程度金額を越えると、それ以上はお金取られなかったので、
私としてはこっちのが楽でしたw


posted by べる at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年10月UK旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はまだウエストミンスターにたどりつかないですw
ウエストミンスター駅の写真があった気がするので、見つかったらUP予定。
日数・移動範囲によってはオイスターがいいみたいです。初乗り料金が高いですよねw歩いた方がましw
Posted by マリ姐 at 2010年11月02日 02:11
地下鉄は高かったですね。
ゾーン1内だけでも4ポンドするとかw

中心部は間隔短いから1駅くらいなら普通に歩いてましたね。

日によっては、ゾーン3まで移動してたので、ピーク、オフピークの値段を考えるより、オイスターで全部済ませてましたw
Posted by べる at 2010年11月02日 02:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。