2008年01月03日

Fulham - Chelsea

West London Derby

新年最初のゲームは、こっちのLondon Derbyから。

Fulhamはサンチェス解任、ホジソン就任後の初戦。
それが負けられないWest London Derbyってのもつらいね。
Chelseaは、チェフ、ランパード、テリー、ドログバ、シェフチェンコ辺りが怪我、
リカルド・カルバリョとアシュリー・コールが前々節にレッドカードで出場停止と苦しい台所事情。

Chelseaは前線に高さが無い分、カルー、ジョー・コール、SWPのスピードで、裏に抜けるパスを狙いたいところ。
ただ、いまいち決定力が無い。
だから、追いつくまでに時間が掛かってしまったね。

FulhamはChelsea相手にPK取って先制したけど、
後半ちょっと攻勢を掛けられたら、守備が追いつかなくなって、
攻撃にも持っていけない。
結局は自力の差なんだけど、こう差がでちゃうとね・・・。

Fulham 1-2 Chelsea

Man of the match
J・コール
PKの原因になったけど、キレキレのドリブル。
主力いない中で、気を吐いていたね。


posted by べる at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FA Premier | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。